キシリトール入りのガムを噛めば虫歯にならない!の落とし穴

キシリトールガム

コンビニではさまざまな種類のキシリトールを配合したガムやキャンディーが売られています。

 

車に、そしてデスクにボトルでガムを常備している人も多いのではないでしょうか?

 

多くのメーカーでは「キシリトール配合」を売りに他の商品との差別化を図っています。

 

テレビやネットで「キシリトールは虫歯予防効果がある」という話もよく耳にするので消費者である私たちもキシリトールと言えば「歯にいいガム」といったイメージを持つ人も多いです。

 

ですが、本当にキシリトールで虫歯を予防することはできるのでしょうか?

キシリトールってなに?

そもそもキシリトールとは何なのでしょうか?

 

キシリトールは糖アルコールの一種で、5個の炭素を持つ甘味炭水化物という意味です。

 

キシリトールを人口甘味料だと勘違いしている人もいますが、実際は天然由来の甘味料です。

 

実はキシリトールは野菜や果物の中に当たり前のように含まれています。

 

ガムなどに使われているキシリトールは、白樺などの木から抽出した成分を元にして工業的に作られたものです。

キシリトールはなぜ「虫歯を予防」するの?

虫歯になる原因を簡単に説明すると、虫歯菌は口腔内に残った糖を餌にし、糖を分解する過程で酸を作ります。

 

すると口腔内が酸性に傾き、歯のエナメル質が溶けて、虫歯になってしまいます。

 

キシルトールの虫歯予防効果は虫歯の原因となる酸を作らない働きがあるためです。

 

この効果は長期臨床研究でも証明されていて、WHO(世界保健機構)が主催した研究も報告されている確かなものです。

 

さらにキシリトールには虫歯発生の元となるミュータント菌の活動を弱め、糖代謝を防ぐ効果が証明されています。

 

ミュータント菌を減ると口内の酸が減少し、ミュータント菌が減ることでプラークがつきにくくなり、一度歯についたプラークも落ちやすくなって、歯の再石灰化を促進してくれます。

 

しかもキシリトールを習慣的に摂取することで、ミュータント菌の繁殖力が弱くなり自然と虫歯になりにくい口腔内環境が出来上がるのです。

 

このようにキシリトールには「虫歯の原因にならない」「虫歯の発生を防ぐ」という理想的な効果があると言われているんですね。

ガムは本当に虫歯を予防する?

キシリトールの働きは確かに虫歯を予防してくれるということはわかりましたが、では市販されているキシリトールガムを毎日かんでいれば虫歯にならないかというと、実はそんな簡単ではありません。

 

市販の「キシリトール入り」を謳った商品の多くではキシリトール以外の甘味料も使われています。

 

キシリトールの効果を期待してガムを購入するのであれば、キシリトールが50%以上入ったものでないと効果は期待できません。

 

もちろん、私たちは他にもたくさんの食品を口に入れていますから、しっかりと歯垢を落とすために毎日の歯磨きを怠たらないようにしないとキシリトールの意味がなくなります。

 

虫歯を予防しようと思ったらキシリトール入りのガムを食べるというよりも、虫歯菌の餌になる糖が残らないように丁寧に歯磨きを行うことが一番の予防と言えるかもしれません。

 

はははのはでデンタルケアを丁寧に行って、さらにキシリトールの効果を上手く活用しするとより虫歯予防効果を強められると言えるでしょう。

 

 

▼今すぐチェック▼