生まれつき子供の歯が黄色い時に考えられる原因

「なぜ?うちの子だけ、生まれつき歯が黄ばんでいるのかしら?」そう悩まれてる親御さんは少なくないと聞きます。

 

妊娠中に薬を飲んでいたり、思い当たる病気をしていない、両親の歯も普通の色の場合、どうしてだろう?と不思議に思いますよね。

 

ではどのような原因で、子供の歯は生まれつき黄ばんでしまうのでしょうか?

生まれつき持ち合わせた歯の構造が原因

歯はエナメル質、象牙質、歯髄(歯の神経)で構成されています。

 

歯の色は象牙質の色、エナメル質の薄さが関係していますが、日本人は外国の方と比べ、エナメル質が薄い傾向があります。

 

生まれ付きエナメル質が薄い、もしくは象牙質の色が濃い、エナメル質の透過率が高い(透明度が高い)などの特徴がある場合、象牙質の色が表面に出てしまい結果として象牙質の色が目立ってしまう場合があります。

 

これは自分の努力で改善するというものではなく、まさにその方の生まれ持った体質なので受け止めるしかありません。

生まれつき歯が黄色いと歯は白くならない?

体質で歯が黄色いなら仕方ない‥と思いがちですが、本当に歯を白くする方法はないのでしょうか?

 

ここ数年の間で「歯のホワイトニング」は身近なものになってきました。

 

歯科へ行けば、様々なホワイトニング法を勧められると思われます。

 

例えば歯科でホワイトニング剤を塗る方法があります。こちらは定期的に通院をしてケアする方法です。

 

もしこの方法で本人の思う白さを望めなかったら、人工の歯を用いる方法もあります。

 

直接、人工の歯を貼り付けるのです。しかし、小さな子供この様な施術を受けるのは、なかなか難しいですよね。

 

そこで毎日の生活の中で、習慣として取り入れられるホワイトニングがお勧めです。

 

自宅でのケア方法として、ジェル状の物を塗ることやシール状の物を貼る方法があります。

 

歯科で行う治療より、自宅だとお子様もリラックスしてケアを受ける事ができますよね。

 

ただし手軽な方法としては研磨剤等が入った歯磨き粉を使うのはNGです。

 

研磨剤入りの歯磨き粉は結果的に歯の黄ばみを悪化させてしまうからです。

 

「歯を白くしてあげたい」というご両親の強い気持ちもありますが、お子様に無理をさせてしまうのは、お子様の自身への負担が大きいと思われます。

 

お子様の成長や性格など配慮しつつ、いろいろなホワイトニング方法を試してみるのがベストです。

 

はははのはは6歳以上の子供なら安心して使えるホワイトニング歯磨きジェルです。

 

味もなく、しみるとこともありません。また無添加で安全性についてはぴか一です。

 

子供が歯の黄ばみが原因でいじめにあってしまいそう、歯を白くしなければいけないという時ははははのはも検討してみてくださいね。

 

 

▼今すぐチェック▼