歯に色素沈着してしまう食べ物、飲み物ってどんなもの?

歯の黄ばみ  食べ物

あなたを悩ます歯の黄ばみの原因は飲食物によるものが多いです。

 

毎日何かしら口にするので塵も積もれば山となるで、普段着色しやすいものを食べているか、そうでないかで数ヵ月後、数年後の歯の色は変わってくるといっても過言ではありません。

 

では日常生活でよく口にするものの中で、どういったものが歯の黄ばみの原因になりやすいのでしょうか?

 

ここでは日常生活で気をつけたい、歯の黄ばみを促進する食べ物、飲みもについてご紹介します。

 

色素沈着を起こしやい食べ物

歯の黄ばみ  食べ物

食べ物ではチョコレート、カレー、ブルーベリー、緑黄色野菜、にんにく、ネギ、ナッツ類、キャンディー類、ソース、ケチャップ、醤油、納豆などの大豆製品は着色汚れが起きやすいと言われています。

 

特に代表的なものにカレーが挙げられます。カレーを食べると着色汚れであるステインが歯につきますが、これは簡単におとすことはできません。

 

ブルーベリーやチョコレート、緑黄色野菜はポリフェノールが含まれていてこれが歯の白さを阻害します。

 

ニンニクやネギに含まれている硫黄は黄ばみの原因に。

 

ナッツ類に含まれている色素、キャンディー類に含まれる着色料も歯の白さを邪魔してしまいます。

 

ケチャップやソースに含まれている保存料は歯のエナメル質を傷つけ、歯を黄ばみやすくします。

 

また意外かもしれませんが、醤油や大豆製品はポリフェノールの一種であるイソフラボンが含まれているので歯の色素沈着を引き起こしやすくしてしまいます。

 

こう見ると毎日口にしそうなものでも歯の着色汚れを促進してしまうので、歯の黄ばみが気になる方はこれらの食べ物を避ける、頻度を下げるといった工夫も必要と言えそうです。

色素沈着を起こしやい飲み物

歯の黄ばみ  食べ物

一方、色素沈着を強める飲み物として挙げられるのは赤ワイン、白ワイン、コーヒー、紅茶、緑茶、野菜ジュース、スポーツドリンク、炭酸飲料です。

 

抗酸化作用が期待できるポリフェノールは赤ワインなどに豊富に含まれますが、ただ闇雲に摂ればいいというわけではありません。

 

摂取量はほどほどにしておいたほうが良さそうですね。

 

また白ワインやスポーツドリンク、炭酸飲料は酸性度が高いので歯の表面のエナメル質を溶かし、ステインが沈着しやすくなります。

 

また愛好家も多いコーヒーも色素沈着しやすい飲み物。

 

コーヒーに使用するコーヒーカップはすぐに色が沈着しますよね。

 

これはコーヒーに含まれるクロロゲン色素によるもの。コーヒーを1日に何杯も飲む方は注意が必要です。

 

紅茶に含まれているタンニンはステインに変わってしまい、緑茶に含まれているカテキンも色素沈着の原因になります。

 

意外に見落としがちですが、野菜ジュースは緑黄色野菜が主原料なので色素沈着につながってしまいます。

 

こうして見ると色の濃い食べ物や飲み物、ポリフェノールが多いもの、酸性度が高いものが歯に色が付きやすく、歯の色素沈着を強めてしまうことが分かります。

 

歯の色素沈着を強めてしまう飲み物、食べ物は日常生活で溢れています。

 

そのためか、歯が白い人ってそんなにいないですよね。ですが歯の白さは恋愛、仕事など人生を動かすものに影響を与えるといっても過言ではないくらい大きな影響を与えます。

 

歯の黄ばみや色で悩んでいる

ホワイトニングを受けるのは痛そうだし何よりも高額だから躊躇する

自宅で簡単に歯を白くする方法を探している

 

こんな方に、ははのははおすすめです。

 

 

 

▼今すぐチェック▼