産後、歯が黄ばんでしまうのはなぜ?

産後 歯の黄ばみ

女性にとって自分の人生が変わる一大イベントである出産。妊娠・出産の際には女性の体は大きく変化します。

 

この時期に様々な健康上のトラブルを抱えてしまう女性も少なくありません。

 

その体の変化の一つとして「歯の黄ばみ」が挙げられます。

 

産後ふと鏡を見てみると、なんだか歯が黄ばんだように感じて気になる…という経験をしたママも多いと思います。

 

出産をしてママになっても、綺麗なママでいたいと思いますよね。ではなぜ産後、歯の黄ばみが気になるようになってしまったのでしょうか?

 

産後の黄ばみの原因として「歯のカルシウムが赤ちゃんに行ってしまった」という説もありますが、これは正しくありません。一旦形成された歯のカルシウムが溶けだしてお腹の中の赤ちゃんや母乳に移行するということはないので安心してください。

 

それではばぜ産後は歯が黄ばみやすいのかと言うと、妊娠・出産によるホルモンバランスの変化で唾液の量が減り、口腔内が酸性に傾いて虫歯になりやすいこと、そして口腔環境が悪化しやすいからです。

 

また、特に産後は赤ちゃんのお世話で毎日がへとへと。赤ちゃんを寝かしつけしたときに自分も一緒に寝てしまい、歯を磨かずに寝てしまったという経験をもつママも少なくありません。

 

また忙しく歯磨きなどのケアを怠りがちだったり、小さい子を抱えたまま歯医者に通うこともできず、自分の歯のことなんて後回しにしがちです。

 

こいういった産後の環境が歯の黄ばみを強くさせる原因にもなっています。

 

産後の黄ばみを防ぐには、やはりコーヒーや紅茶、チョコレートやカレー、ケチャップなどの着色汚れの付きやすい飲食物を摂った後は歯磨き・うがいをするというケアを徹底することが大事です。

 

忙しい場合でも、お水を飲むだけでも違いますので是非試してみて下さい。

 

いずれにしても、赤ちゃんのお世話が忙しいからと歯磨きをせずに空いた時間でダラダラと食べていては、歯の黄ばみはもちろんのこと虫歯の原因にもなってしまいます。

 

授乳中だと空腹感からついつい間食をしてしまいがちですが、ダラダラ食べをしないで食後は歯磨きをする、という習慣づけをすると良いでしょう。

 

また、歯医者でのホワイトニングはそもそも赤ちゃん連れで通うことが難しいでしょうし、ホワイトニング自体が授乳中は出来ない場合が殆どです。

 

ですので、産後の黄ばみ防止としては、はははのはのような授乳中でも使えるホワイトニング歯磨きを使って自宅できちんと磨くのがオススメですよ。

 

 

▼今すぐチェック▼