ポリリン酸ナトリウムのホワイトニング効果は嘘?

はははのはは「ポリリン酸ナトリウム」によって歯の着色汚れを取り除き歯の白さを取り戻せるホワイトニングジェルですが、このポリリン酸ナトリウムでホワイトニングができるのは嘘だ!なんて記事も見かけます。

 

実はこれは捉え方によっては本当かもしれません。

 

ポリリン酸のホワイトニング効果

ポリリン酸のホワイトニング効果

ポリリン酸は歯科医院で受けるオフィスホワイトニングにも使われる成分です。

 

歯科医院では過酸化尿素が漂白剤として使われますがこれだけでは刺激が強く劇薬となるので、そこにポリリン酸を配合し痛みを抑えています。

 

ポリリン酸ナトリウムがホワイトニング効果が得られないと言われているのは、ポリリン酸ナトリウムは歯の着色除去の作用はあるものの「漂白作用はない」という点です。

 

歯科医院で受けるホワイトニングは漂白剤を使用するので、より早く白さを手に入れることができます。

 

市販やネット通販で購入できるホワイトニング歯磨き粉には薬事法上この過酸化水素や過酸化尿素を配合することができません。

 

つまり、歯科医院にいかない限り歯の漂白は受けられないのです。

 

ただし、歯科医院でホワイトニングを受けることはメリットだけではありません。

オフィスワイトニングのデメリット

痛みを生じる可能性がある

エナメル質が削れていたり薄くなっているとホワイトニングに使う薬剤が象牙質に浸透し、神経に届いて痛みが生じることがあります。

 

通常24時間以内に収まりますが、虫歯があっても痛みが生じるのでほとんどの人が何かしら痛みを感じる可能性があります。

効果は永遠ではない

ホワイトングを受けるとそのあともずっと歯が真っ白…!ということはありません。

 

ステインがつきやすい食べ物を多く食べていたりタバコや歯が黄ばむ行動を繰り返していれば当然歯の白さは失われ、ホワイトニングを受けたあとでもまた歯が黄ばんでくることがあります。

 

ちなみにオフィスホワイトニングは放置すると約3ヶ月~6ヶ月ほどで元の色に戻ると言われています。

歯が白くならない場合もある

オフィスホワイトニングを受けても歯が白くならない方もいます。

 

歯の表面が凸凹していると白く見えにくく、縞模様がある場合はその部分は白くなりにくくなります。

 

また神経のない歯、被せものや詰め物が多い場合も白くなりくいです。

金額が高くなる

オフィスホワイトニングは漂白剤を使用して歯を白くする効果が期待できる代わりに金額も高額になってきます。

 

歯科医院によって治療費は異なりますが、料金相場は3万円~5万円程度です。

 

また別途料金がかかる場合もあり、想定していた以上に金額がかかってしまう場合もあります。

はははのは(ポリリン酸ナトリウム)でホワイトニングをするメリット

ポリリン酸を使ったホワイトニングは、オフィスホワイトニングに比べて以下のメリットが挙げられます。

 

安全性が高い

痛みを感じない

歯周病菌や虫歯菌などへの抗菌作用

ホワイトニング後の食事制限がいらない

ホワイトニング後の着色予防

 

はははのはには漂白剤が含まれていないためオフィスホワイトニングで得られる白さは手に入りません。

 

あくまで自分が本来もっている歯の白さを取り戻すものです。

 

ただし、安全性が非常に高く6歳以上の子供でも使用することが可能です。また妊娠中や授乳中の女性でも使用できます。

 

ポリリン酸ナトリウムが配合されたホワイトイング歯磨き粉は、自然な白さを取り戻したいという方にぴったりと言えるでしょう。

 

はははのははポリリン酸ナトリウムが配合されたホワイトニング歯磨きジェル。

 

 

 

▼今すぐチェック▼