正しい歯の磨き方

歯磨きは毎日の習慣だから、意識したいのが正しい歯の磨き方です。

 

正しい磨き方を実践するかしないかで、歯の黄ばみや虫歯予防は全く違ってくるんです。せっかく磨くのですから、より効果的な方法で磨きたいですよね。

 

ここでははははのははもちろん、歯磨き粉を使って歯を磨く時に意識したい正しい歯の磨き方についてご紹介します。

歯ブラシの持ち方は鉛筆持ちで

歯ブラシをえんぴつ持ちとは逆の持ち方をしていませんか?ただしく歯を磨く時に大切なのは、歯ブラシをえんぴつ持ちをすることです。

 

何故かと言うと鉛筆持ちをすることで歯ブラシ圧を軽減し優しく磨くことが出来るからです。

 

歯ブラシは強い力でゴシゴシと磨くよりも、優しい力で小刻みに磨く方が汚れが取れやすいのです。

 

鉛筆持ちだと力が入りすぎることなく適度な圧で磨くことができます。

基本は横磨き

「いー」というお口で上下同時に縦にゴシゴシ磨く方がおられますが、基本は上下別に横磨きの方が効率的に歯を磨くことができます。

 

縦磨きですと歯茎を不用意に傷つける恐れがあり、さらに歯ブラシのストローク範囲が狭くなりやすいので効率的に磨くことが出来ません。

歯周病予防のために

歯周病(歯肉炎、歯槽膿漏)の原因となる一番の因は、歯と歯茎のキワに残った汚れ(歯垢)です。

 

歯の表面をよく磨いても、このキワの汚れが取れていないと、歯垢に含まれる細菌が歯茎を腫れさせ、さらに奥へと進んでいきます。

 

歯ブラシをすると痛くないのに血が出るという方は歯肉炎の始まりの状態です。

 

効率よく歯と歯茎の際の汚れを落とす磨き方は、歯ブラシの毛先を歯肉に向けてナナメ45度ほどに傾けて磨く「バス法」という磨き方です。

 

もし歯肉炎になっている方がやると痛くないのに出血があるかも知れませんが、出血は気にせずしっかり磨きましょう。

 

数日〜数週間続けると細菌がいなくなった歯茎が引き締まって出血も治まってきます。

奥の歯の磨き方

奥の歯はとても磨きづらいですね。奥の歯を磨くために大きくお口を開けて磨くことがあるかと思いますが、噛む面を磨くには効率的ですが、頬側に汚れが残ってしまいます。

 

しかし、届かない。という場合は、口を半開き程度に閉じると頬が伸びやすくなり歯ブラシも奥まで簡単に入るようになります。

歯磨き粉の量

歯磨き粉は付ければ付けるほど泡が立ち磨けたと錯覚してしまうことがあります。

 

理想をいうと歯磨き粉の泡立ちは不必要なものなので、泡立ちがないタイプのものを選んでもらいたいです。

 

また理想的な量は歯ブラシのヘッドの長さの半分くらいまでの量です。たっぷりとつける必要はありません。

 

それよりも1本1本丁寧に磨くことが大切なので、毎日夜寝る前には歯を磨いて虫歯の原因となる雑菌が極力残らないようにしてくださいね。

 

 

▼今すぐチェック▼