矯正中の歯の黄ばみ対策について

歯列矯正をしていると、装置などの関係でしっかりとブラッシングをしたつもりでも着色汚れは落としきれておらず、矯正中の歯の黄ばみに悩まされている方も多いのではないでしょうか。

 

歯ならびを綺麗したら、やっぱり歯の白さも気になり、可能な限り綺麗にしたいですよね。

 

基本的に矯正中は歯にワイヤーなどを通しているため、歯科医でのホワイトニングは受けることが出来ません。

 

また受けることが出来たとしても高額なので簡単には手を出せず、歯の黄ばみをどうすることも出来ずに放置している方も少なくはありません。

 

しかし、矯正中でも簡単に、そして費用を抑えて歯の黄ばみを改善する方法があります。

 

それは、市販のホワイトニングジェルを使用することです。

 

歯科医などで取り扱われているホワイトニングジェルに比べて、市販のホワイトニングジェルは効果はやや弱いのですが、矯正中でも使用できるのがポイントです。

 

最近では、はははのはのようなはみがき粉タイプのホワイトニングジェルも出ていまるので、自宅で手軽にホワイトニングが簡単にでできる時代になりました。

 

ホワイトニングすることが出来ないからといって、大好きなコーヒーや紅茶を我慢してストレスがたまってしまったという方も、ブラッシングタイプのホワイトニングジェルならもう安心です。

 

しかし、市販のホワイトニングジェルを利用する前には、歯列矯正を受けている歯科医に事前に使ってもよいかの許可を得ることも大切です。

 

場合によっては使用が出来ない場合もありますので、安全に歯列矯正を終わらせるためには、医師に相談してからホワイトニングを行ってくださいね。

 

 

▼今すぐチェック▼