歯の色によってどれだけ印象は変わるの?

歯の色 印象

初対面の人でも、親しみなれた人でも無意識に目がいくのが口元です。

 

その時に歯がきれいな場合とそうでない場合では印象は変わってしまうものなのでしょうか?

 

自分の歯の色が気になる場、相手にどう思われているのか気になってしまいますよね。

 

そこで実際に歯の色はどれだけ印象を変える強さがあるのか、世の中の動向を調べてみました。

歯の黄ばみはいい印象を与えない

歯の色 印象

残念ながら、歯の黄ばみが与える第一印象は良くはありません。

 

多くの方が「歯をきちんと磨いてないのかな」「タバコを吸ってるのかな?」といった私生活を想像し、「だらしない」「自己管理ができてない」など人格までも悪い印象を与えてしまうことがあるのです。

 

実に8割の人が歯が黄色い人を「不潔に見える」と評価しています。

 

肩にフケが落ちてるとなんとなく不清潔な印象を抱いてしまいますよね。それと似たようなものがあるのです。

 

自然な範囲の黄ばみなら気にならないものの、歯全体の黄ばみは普段の生活が垣間見えてしまいまうs。

 

また男性なら歯が黄色いだけで恋愛も仕事もうまくいかない…といった経験をされる方も少なくはないのです。

 

歯が汚れる原因に大きく関与するのが普段口にする食べ物です。

 

ワインやチョコレート等に含まれるポリフェノールやお茶等に含まれるタンニンやカテキンなど日常でよく摂取する機会の多いものにも歯を汚してしまう成分は含まれています。

 

また喫煙も歯が汚れる大きな原因です。もちろん虫歯も歯を着色してしまう一因となります。

 

どれも時間をかけて少しずつ歯を黄色くしていくので気づいたときにはかなり着色してしまいがちです。

 

またちょっとなら大丈夫だよねといった油断が歯の黄ばみを悪化させてしまいます。ご自分の生活を思い返したときに「確かに…」と思う点がいくつかあるのではないでしょうか?

黄ばんだ歯を白くするためには?

歯の色 印象

歯の黄ばみを白くするためには審美歯科に行く方法と自宅で歯のホワイトニングをする方法があります。

 

市販の研磨剤入りの歯磨きはさらに黄ばみを悪化させる要因になり、さらに歯茎等を痛めてしまう可能性もあるので使用は控えましょう。

 

また審美歯科は普段忙しい人は何度も通うのが困難であったり、何よりも高額になりがちでお財布へ負担がかかります。

 

自宅でできるホワイトニングは時間がかかるものの、毎日自宅でケアできるので忙しい方でも無理なく続けられるホワイトニング方法です。

 

自宅でできるホワイトニングなら歯の表面を削って黄ばみを取り除くタイプではなく、はははのはのように歯の表面についた着色汚れを落とし、歯にも歯茎にも負担を与えないものを選んで磨くようにしてくださいね。

 

歯が白く第一印象がよくなれば、自分にも自信がつき人前に出ることも苦ではなくなります。

 

仕事でもプライベートでも「清潔感」が大切な今、歯の汚れが人から受ける第一印象を悪くし、人の行動を制限することもあるのも現状です。

 

少しでも自分への自信にするためにも歯を白くして印象度を上げていく事が色々な意味でもプラスに働く事となるでしょう。

 

 

▼今すぐチェック▼