歯ブラシの選び方をチェックしよう!

歯ブラシの選び方

突然ですが、あなたはきちんと自分に合った歯ブラシを選べていますか?

 

ドラッグストアやスーパーで安売りしていた歯ブラシをまとめ買い、絵柄が可愛いから、色が可愛いから、CMで有名だから…といった理由で歯ブラシを選んでいませんか?

 

歯の黄ばみ対策、虫歯、口臭、歯周病予防にも効果的なブラッシング効果を得るためには自分に合った歯ブラシを選んで歯磨きをすることが大切です。

 

もし今まで適当に選んでいた…!という方はこれを機会に自分に合った歯ブラシを選ぶようにしてくださいね。

自分にあった歯ブラシの選び方

毛の硬さ

歯ブラシの選び方

歯ブラシは「やわらかめ」「ふつう」「かため」と毛の硬さを選べます。

 

毛が硬いほど歯垢(プラーク)は落とせますが、かためを選んでゴシゴシを強めに磨くと歯茎を痛めてしまったり、強く擦りすぎて知覚過敏になってしまうこともあるので、普段使いにはおすすめできません。

 

一番おすすめできるのがふつうタイプです。歯茎を傷つけることなく歯垢を落とせるちょうどよい硬さと言われています。

 

やわらかめタイプの毛先は歯垢を落とす力が弱く、磨き残しができてしまいやすいです。

 

ただし、歯茎が弱かったり炎症を起こして出血している場合はやわらかめタイプを選び、歯茎の状態が良くなったらふつうタイプを選んで下さい。

毛先の形

歯ブラシの選び方

歯ブラシの毛先は平らのものと山形のものがあります。

 

歯ブラシの毛先が山形にカットされていると歯の凸凹にフィットしてより効果的に磨けるのでは?という印象がありますよね。

 

ですが実は山形の歯ブラシはすぐに毛先が寝てしまうため、歯垢をうまく掻き出すことができなくなります。

 

毛先は基本的に平らタイプのものを選んでくださいね。

ヘッドの大きさ

ヘッドは磨きやすいように小さめのものを選びましょう。

 

目安でいうと人差し指の第一関節までのサイズが理想的です。

 

海外製の歯ブラシはヘッドが大きく、細かい部分まで磨くことができないため日本人の口には合いません。

 

日本の会社で作られた歯ブラシを選ぶようにしてくださいね。

歯ブラシを変えるタイミング

歯ブラシの選び方

歯ブラシを変えるタイミングは1ヶ月が目安です。

 

歯の毛先がいろんな方向に外側に向かって生えている場合はもう交換時期はとっくに過ぎています。

 

特に歯磨きに無頓着な男性の場合、歯の毛先が曲がっているものでも使い続けてしまう傾向があるので、1ヶ月と決めて交換するようにしましょう。

 

歯の毛先が曲がっている歯ブラシは汚れや歯垢を取り除く効果が落ちているので、早めの交換が理想的です。

使用したあとの歯ブラシの保管方法

歯ブラシで歯を磨いた後、使った歯ブラシをどうしてますか?

 

大切なのは歯ブラシをしっかりと乾燥させること。使用後濡れたままでいると歯ブラシの毛先で細菌が繁殖し、繁殖した歯ブラシを再度口の中につっこんで使用することになります。

 

想像しただけでゾッとしませんか?

 

使用後は水で洗ってしっかりと水気を切り、風通しのよい場所において乾燥させてくださいね。

 

歯ブラシの選び方

正しい歯ブラシを選べているか、そうでないかで歯垢の落ちも異なってきます。

 

同じ時間をかけて磨くなら効率よく歯垢を落としたいですよね。

 

今までなとなく選んでいた方はこれらの点に注意して歯ブラシを選んで見てくださいね。

 

今まで適当に歯を磨いてた!という方は「正しい歯の磨き方」も参考にしてみてください。

 

 

▼今すぐチェック▼