加齢によって歯が黄色くなる原因と解決方法

歯が黄ばんでしまう原因にはいくつかありますが、その一つに「加齢による黄ばみ」があります。

 

歯はクリーム色をした象牙質の上を半透明のエナメル質が覆っている状態ですが、この象牙質は加齢によってどんどん色が濃くなります。

 

すると、エナメル質から透けて見える象牙質の色も当然濃くなり、黄ばんで見えてしまうのです。

 

また、その上を覆うエナメル質も毎日の歯磨きや歯ぎしりのクセなどでどんどん削れていきます。これらの習慣によってエナメル質が薄くなり象牙質が透けて見えてしまうことも歯が黄ばむ原因です。

 

ですから、加齢による黄ばみというのは個人差はあれど、ある程度自然な現象なのです。

 

加齢による黄ばみを完全に改善するのは難しいです。ですが、普段の習慣や歯磨きで黄ばみの濃さをある程度軽減させることは可能です。

 

まずはステイン(着色汚れ)を防ぐこと。コーヒーや紅茶、赤ワイン、チョコレートなどの色素の強い飲食物を食べた後にはこまめに歯磨きやうがいを心がけましょう。

 

また、歯磨きの際に力強くゴシゴシと磨いてしまったり歯磨きの回数が多すぎても、エナメル質をすり減らしてしまうので良くありません。

 

特に食後30分以内の歯磨きはエナメル質が多く消耗されてしまうので、歯磨きは食後30分以上経過してから行うのが良いでしょう。

 

歯のホワイトニングを受ける方法はいくつかあります。予算、いつまでにどのくらい白くしたいのかといったことを踏まえ自分にあった方法を選択してくださいね。

 

自宅で簡単に取り組めるホワイトニングはお手軽な方法として老若男女問わず好かれる方法です。

 

当サイトでは無添加ホワイトニング歯磨き粉「はははのは」を実際に使った体験談を口コミしているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

▼今すぐチェック▼