重曹を使ったホワイトニング方法

歯のホワイトニング方法の一つに重曹を使ったホワイトニング方法が注目されています。

 

どのご家庭にも1袋はある重曹ですが、実際に重曹によるホワイトニングとはどのようなものなのでしょうか?

 

重曹を使ったホワイトニング方法についてご紹介します。

 

重曹とは?

重曹は昔からふくらし粉や野菜のあく抜きなど、料理に使われてきましたが数年前から掃除グッズとして、最近では美容用としても知られるようになってきました。

 

そもそも重曹とは何かというと、重炭酸ソーダ(ソーダは漢字で曹達と書きます)の略で、炭素水素ナトリウムともいいます。

 

天然の鉱石から取り出したり、岩塩を化学反応させたりして作られています。

 

重曹の使い道は、様々で料理の使用方法だけでも、先に挙げたふくらし粉、あく抜き用途以外に、肉を柔らかくしたり、魚の臭み取りにも使われています。

 

ヌメリや水垢取り、油汚れ落としなどのお掃除に使うことは、今ではよく知られていますね。

 

美容用としては、洗顔やパック、入浴剤に重曹を使うと、お肌がすべすべに。

 

意外なところに使われている重曹は、お薬です。胃酸を抑えて胃や腸を守る薬にも重曹が使われます。

 

そんな便利な重曹ですが、料理にも薬にも使えるくらいだから、口に入れても全部安全?というとそういうわけではありません。

 

掃除用に売られている重曹は、工業用で純度が低いため、何が混ざっているかわかりません。掃除用、工業用と記載されている重曹は口に入れるのは避けてください。

重曹には歯を白くする効果はある?

美しく白い歯には、誰も憧れるもの。

 

でも、歯医者に行ってホワイトニングする時間もお金もない。

 

でももし重曹で手軽にホワイトニングができるならやってみたい!と思いますよね。

 

では実際に重曹に歯を白くする効果があるのかどうか?というと、「あるといえばあるし、ないといえばない」です。

 

まず、ホワイトニングというと歯医者で受けるホワイトニングを思い浮かべますが、歯医者で受けるホワイトニングと重曹で歯を白くする方法は、全く異なります。

 

歯医者のホワイトニングはものすごく簡単に言ってしまえば歯の漂白です。

 

歯は象牙質の上にエナメル質という半透明の層がコーティングされています。

 

象牙質は黄色っぽく、それが透けて歯が黄色く見えるのですが、加齢で象牙質の色は濃くなっていきますし、遺伝で元々黄色みが強い人もいます。

 

歯医者のホワイトニングは、象牙質の色や色素沈着からの黄ばみを過酸化水素を使って漂白することで白くしています。

 

一方、重曹は黄ばみや汚れを分解し、削り取ることで歯を白くします。

 

ですから、表面についていて削り落とせる黄ばみは白くできますが、奥まで浸透している着色や、元々黄色っぽい象牙質をそれ以上に白くすることは無理なのです。

重曹を使って歯を白くする方法

じゃあ重曹を使って歯を白くするにはどうすればいいの?と気になる方もいらっしゃると思うので、重曹を使って歯を白くする方法をご紹介します。

用意するもの

・重曹

・植物性のグリセリン

 

重曹は必ず食用か薬用のものを用意してください。グリセリンは薬局で買うことができます。

 

食品添加物としても使用されていますし、リップクリームにも使われているので、口にしても安全ですが、不安ならグリセリンを使わず水と重曹だけでも大丈夫です。

重曹歯磨き粉の作り方

重曹2:グリセリン1の割合で混ぜ合わせます。

 

グリセリンを使わない場合

重曹に1,2滴ずつ水を入れ、どろんとした固さになればOKです。

重曹歯磨き粉の使い方

①重曹歯磨き粉を指で歯に塗る

②そのまま10分くらい放置

③指で歯を磨き、口をしっかりとゆすぎます。

注意点

歯は磨きすぎないようにする

重曹歯磨き粉を口の中に残さず口をすすぐ

週に1回程度にする

 

毎日重曹歯磨きをすると歯の表面が削れてしまい結果的にデメリットの方が大きくなるので必ず週1回にとどめてください。(何度も行うと逆に歯の黄ばみが悪化する恐れがあります)

 

重曹歯磨き粉を作るのが面倒だなあ…という方は、いつも使っている歯磨き粉に重曹を一つまみ混ぜて、歯磨きをするという方法もありますが、こちらの場合も週に1度だけにしてください。

 

他、重曹うがいという方法もあります。
重曹うがいは500mlの水に重曹3gを溶かし、口の中にいきわたるようにくちゅくちゅとうがいをするだけです。

 

重曹歯磨きに比べ、白くする効果はあまり期待できません。

 

白くするというより、歯垢をつきにくくする黄ばみ予防として行いましょう。

 

重曹うがいは毎日行っても大丈夫ですが、それでも1日1回までに留めてください。

重曹を使って歯を白くするデメリット

重曹を使って歯を白くするのにはデメリットがいくつかあります。

 

一つ目は、重曹は研磨剤だということです。市販の歯磨き粉にもいえますが、研磨剤が入った歯磨き粉で歯を磨きすぎるとエナメル質まで削ってしまいます。

 

すると象牙質の黄色みがむき出しになり、余計に歯が黄ばんで見えるようになります。

 

歯の表面が削れ、凸凹になれば汚れがつきやすくなり、黄ばみの原因になります。

 

磨きすぎは歯を白くするどころか、反対の効果になってしまうのです。

 

また、虫歯になりやすくなったり、知覚過敏になったりもしますので、やりすぎには注意必要です。

 

デメリットの二つ目は、重曹歯磨き・うがいのやりすぎで、口の中が荒れてしまうことがあることです。

 

重曹はアルカリ性のため、油やたんぱく質を分解する作用があります。

 

ご飯を食べた後に酸性になった口の中を中和してくれますが、やりすぎると口の中がアルカリ性に傾き、歯茎など口の中の粘膜を傷つけてしまいます。

 

また、アルカリ性に傾いた口の中は歯石がつきやすくなるデメリットもあります。

 

三つ目のデメリットは塩分の摂り過ぎになることです。

 

重曹は炭素水素『ナトリウム』、つまり塩と同じ成分があります。

 

塩分制限を求められている方やお子様の場合、重曹歯磨きや重曹うがいをすることで塩分の過剰摂取になってしまうこともありますから、気を付けてください。

 

また、健康な方も呑み込まないように注意をしてください。

 

いかがでしたでしょうか?重曹は料理や掃除にも使われる身近な存在ですが、ホワイトニング効果も期待できるのだから驚きですよね。

 

手軽にできるホワイトニング方法として実践される方も多いですが、使用方法を間違えると逆にマイナスに働いてしまうこともあるのが重曹を使ったホワイトニングです。

 

体への危険性、重曹歯磨き粉を作る手間を考えると、本当に歯を白くしたいのであれば一時的にかかる費用として安心して使えるホワイトニングジェルを購入して使うことをお勧めします。

 

 

▼今すぐチェック▼