ラウリル酸Naの効果とは?

毎日使っている歯磨き粉ですが、快適に歯磨きをして短時間で汚れが落とせるように様々な成分が含まれています。

 

その1つがラウリル硫酸Na(ナトリウム)です。

 

ラウリル硫酸Naは発泡剤や洗浄剤の効果効能があり、たっぷりと歯磨き粉を泡立て汚れを落としてくれます。

 

歯磨き粉を歯の奥までしっかり行き渡らせてくれるので、短時間で歯の汚れを落としやすくしてくれます。

 

泡立ちがいいと爽快感やすっきり感が感じられるので歯を磨いた満足感をもたらしてくれるのがラウリル硫酸Naのメリットです。

 

しかし、逆にいうと泡立ちが良すぎて歯の汚れが充分に落とせないうちに歯磨きを終了させている可能性があります。

 

歯は丁寧に歯ブラシでブラッシングしてこそ汚れが落ちますが、泡立ちが良すぎると磨いた気になってしまって、細かい汚れがおとしきれていない場合もあります。

 

また、ラウリル硫酸Naは石油系合成界面活性剤で、過去に発がん性も疑われた成分なので、危険性があります。
人によってはラウリル硫酸Naで口内炎ができてしまったり、味覚障害になったり刺激を感じたりなど、口腔内のトラブルを抱えている人も少なくありません。

 

海外では歯磨き粉にラウリル硫酸Naを配合するのを禁止している国もあります。

 

そのような成分が配合されたはみがき粉は、極力子供には使わせたくないと思うのが親心ですよね。

 

ドラッグストアで販売されている歯磨き粉は基本的にラウリル硫酸Naが配合されています。

 

お値段は多少高くなりますが、通販でラウリル硫酸Naが配合されていない歯みがき粉を選んでみてはいかがでしょうか?

 

数十年後の口腔環境を考えると、無添加の歯磨き粉を使ったほうが健康のためになります。

 

歯磨き粉に配合されているラウリル硫酸Naはほんの少量なのでそれほど健康リスクはありませんが、安全性の高い合成界面活性剤が使われていない歯磨きならなお安心です。

 

歯磨き粉を買う時に成分をチェックしてみて、ラウリル硫酸Naが入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

 

▼今すぐチェック▼